ダラシンTゲル ニキビ跡

MENU

皮膚科のダラシンTゲルで、ニキビ跡の赤みは治る?

ダラシンTゲル

 

ニキビを治す為に処方される薬としてダラシンTゲルという薬があります。ダラシンTゲルはディフェリンゲルと同じくニキビに効果のある塗り薬です。

 

主な成分はクリンダマイシンという成分で、リンコマイシン系の抗生物質が含まれています。患部を顔等で清潔な状態にしてから、ニキビに直接塗ります。朝と夜の1日2回使用すると良いです。

 

ダラシンTゲルの効果

ニキビの原因であるアクネ菌やブドウ球菌等の細菌を殺して、ニキビによって起きた炎症を抑えてくれる働きがあります。

 

ディフェリンゲルと同じく健康保険が適用されるので安価で入手できますし、医薬品なのでドラッグストア等で販売されている化粧品等よりも効果が高いというメリットがあります。

 

デメリット

 

ダラシンTゲルは抗生物質なので用法用量を守らないと肌トラブルになってしまう場合があります。長期間使い続けると、薬に対して耐性菌が発生するのでニキビが治ったらすぐに使用を中止することが大切です。

 

デメリットもありますが、今までニキビが治らなくて困っていたという人もダラシンTゲルを使ったら綺麗に治ったという話もたくさんあるので、ルールを守って使用すればニキビに悩む人にはとても心強い薬です。

しかし、ニキビ跡の赤みに対してはダラシンTゲルを使っても効果はありません。

 

ダラシンTゲルは肌の炎症を抑える効果があるので、赤みに塗ると多少赤みが引くこともあるかもしれませんが、赤みに対して効いているわけではないので完全に治ったとは言えないのです。

少しでも赤みが引くからとやたらと塗るのは危険なことなので絶対にしないようにしましょう。

肌が乾燥したり

 

痒みが出てしまう

 

恐れがあるからです。あくまでダラシンTゲルが効果を発揮するのは炎症が起きている赤ニキビや化膿しているニキビだけなのです。

 

やはりニキビ跡の赤みを改善するには、肌のターンオーバーが正常に行われるようにすることが必要なので、自分の生活習慣を見直してみて良くない点があれば改善していく努力をするのが一番良いのです。

 

ダラシンTゲルで赤みを治すことはできませんが、ニキビの状態のうちに薬でしっかり治しておけば赤みとして肌に残る心配は無いので早めに対策をするようにしましょう。

赤みを治すには、赤みになってからどうしようと慌てるのではなくて、原因となるニキビを作らないようにする健康な肌作りが最も大切なことなのです。

 

ミノマイシン副作用にご注意 TOP