ディフェリンゲル 副作用

MENU

ディフェリンゲルについて

ディフェリンゲルは皮膚科で処方されるニキビの薬です。

ディフェリンゲル ニキビ

思春期ニキビから大人ニキビまで、どんな状況でも治療ができる薬なのです。出始めのニキビに使用すれば、進行を抑えてニキビ跡が残らないように治すこともできます。ニキビは過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって、そこでアクネ菌が繁殖することで発生します。

 

予防や治療には毛穴を清潔にする事が大切で洗顔に気をつけて乾燥 注意しなければなりません。

 

肌の乾燥

 

刺激や紫外線などへの防御作用である肌バリアも弱くなってしまいます。そうなると、肌を守るために皮脂の分泌がもっと盛んになって、ニキビが増えてしまうかもしれないのです。清潔と保湿を心がけて、ニキビケア化粧品でがんばっても、一度出来てしまったニキビを完全に無くすには、かなりの努力が必要になります。ディフェリンゲルは、一日一回洗顔後に塗るだけでニキビを治していく優れた薬です。

 

乾燥して開いた毛穴に皮脂が張り込んで、そのまま閉じてしまうと、アクネ菌を追い出すことができずに、ずっとニキビに悩まされることになります。ディフェリンゲルは、毛穴を広くして皮脂が洗い流せるように、または溜まらないようにします。これで、新たなニキビの発生と進行を抑えるのです。

 

使い方

 

一日一回洗顔後にニキビが出ている場所に塗るだけです。ニキビそのものというよりは、ニキビの出ている部分全体に塗り広げます。

 

すごく簡単ですが、治療効果が出るまでには個人差が激しく、すぐに効く人もいればニキビが消えるまでに数ヶ月かかる人もいます。

 

使用するときには注意点

 

画期的で優れたニキビ治療薬のディフェリンゲルですが、使用するときには注意が必要です。

「肌が乾燥する」

 

「肌がヒリヒリする」

 

「皮膚がフケのように剥がれてくる」

 

「肌が赤くなる」

 

「肌がかゆくなる」

などの一時的な副作用が発症するかもしれないのです。だいたいは使い始めてから2週間程度で収まりますが、稀にずっとこられの症状に悩まされる人もいます。その場合は、担当の皮膚科医に相談してください。

 

※また妊娠中や授乳中の方は、使用することができません。

 

ディフェリンゲルでニキビの治療中に妊娠が分かった場合は、その時点で使用を中止してください。すぐに使用をやめるなら、胎児への影響はないので、安心してください。

 

ミノマイシン副作用にご注意 TOP